コマンドプロンプトでディレクトリが暗号化を解除する

cipherコマンドの「/d」オプションで暗号化を解除することができます。

まずは暗号化されていることをチェックします。

確認します。

「E」と表示されています。つまり暗号化されているということですね。

続いて暗号化を解除します。

確認します。

「U」となっていることから暗号化が解除されたことがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする