コマンドプロンプトで0バイトのファイルを作成する(その1)

コマンドプロンプトで0バイトのファイルを作成することができます。

Linuxでいうところの「touch」コマンドと同じようなものですね。

Windowsでは「type」コマンドを「null」とともに使用し、それをリダイレクトすることで作成します。

確認します。

0バイトのファイルが作成されたことがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする