エクセルで「保護されたビュー」のメッセージが表示されないようにする方法

エクセルで「保護されたビュー」のメッセージが表示されないようにする方法

インターネットからダウンロードしたエクセルファイルやファイルサーバにあるエクセルファイルを開こうとすると、以下のような「保護されたビュー」のメッセージが表示されます。

編集する場合、「編集を有効にする」を毎回クリックする必要があり、ちょっと面倒です。

安全のために表示してくれているとは思いますが、このメッセージが不要という方は表示されないように設定しましょう!

以下の流れになります。

  1. エクセルを起動する
  2. 「ファイル」タブをクリックする
  3. 「オプション」をクリックする
  4. 「セキュリティセンター」をクリックする
  5. 「セキュリティセンターの設定」のボタンをクリックする
  6. 「保護されたビュー」をクリックする
  7. 「インターネットから取得したファイルに対して、保護されたビューを有効にする」のチェックを外す
  8. 「OK」をクリックして「セキュリティセンターの設定」の画面を閉じる
  9. 「OK」をクリックして「Excelのオプション」の画面を閉じる

ちょっと長い手順ですが、実際は1分もかかりません。

これで「保護されたビュー」のメッセージが表示されなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする