72の法則

72の法則

金を2倍に増やすための運用期間を計算する場合、お金を2倍にする「72の法則」が便利です。

以下のように計算します。

金利(%)×必要年数(年)=72

例えば、金利が0.1%の場合、預けたお金が2倍になるためには720年かかります。

0.1×必要年数=72

必要年数=72÷0.1=720(年)

衝撃的な期間ですね。現在の銀行の預金金利では2倍に増やすことはまず無理ですね。

では、視点を変えてみましょう。

30年後に2倍に増やすためには金利は何%必要なのか計算してみます。

金利×30=72

金利=72÷30=2.4%

金利2.4%が必要です。

それでは20年で2倍にするためにはどうでしょうか。

金利×20=72

金利=72÷20=3.6%

金利3.6%が必要です。

投資等であれば3.6%での運用も不可能ではないはず!

20年や30年というスパンで資産を2倍に増やそうとすると、2.4%や3.6%程度で運用する必要があることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする