82円切手と92円切手の使い分け

いつの間にか定形封筒での郵便料金が80円から82円になっていました。

たいていの場合、82円切手で問題ありませんが、実は92円切手が必要となる場合もあります。

具体的には郵便物の重さが「25グラムを越えた場合」です。

なお、封筒の厚みが1cmを越えると定形外の扱いとなります。

その場合、25グラム以下では120円、25グラムを越えると140円となります。

「25グラム」と「1cm」。

この2つに注意しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする