新幹線でWi-fiを利用する方法

新幹線でWi-fiを利用する方法

N700A・N700系では公衆無線LANを利用してインターネット接続サービスを利用することができます。

http://railway.jr-central.co.jp/wireless/exp.html

shinkansen-wifi

利用するためには、公衆無線LANの事業者と契約する必要があります。

新幹線でWi-fiを利用したい方向けの公衆無線LAN事業者

以下の5社が紹介されていますが、NTT東日本は新規の受付を中止しているため実際は4社です。

NTTドコモ    docomo Wi-Fi

docomo Wi-Fiはdocomoユーザ向けのサービスです。

普段docomoを使用している方であれば、そのdocomoの携帯に限っては無料で利用可能です。(永年無料キャンペーンの適用条件を満たした場合のみ)

つまりdocomoユーザであれば、新幹線車内も無料でWi-Fi接続でインターネットが利用可能になります。

また、docomoユーザ限定ですが、月額300円支払うことで他社のスマホやPCでもdocomo Wi-Fiの利用が可能です。

http://wifi.idc.nttdocomo.co.jp/wifi300/index.html

また非docomoユーザ向けのサービス「docomo Wi-Fi for Visitor」もあるようです。詳細はこちらをご覧ください。

サービス全体の詳細はこちら

ソフトバンクテレコム

BBモバイルポイントという名称でサービス提供しています。

http://tm.softbank.jp/consumer/wlan/provider/に記載されている以下のプロバイダーに加入されている方であれば、BBモバイルポイントのサービスエリアを利用できます。

  • SoftBank
  • Yahoo!
  • Yahoo!JapanBB
  • ODN
  • SpinNet
  • ULTINA internet
  • ULTINA VPN Options
  • @nifty
  • auone
  • BIGLOBE
  • econnect.jp エコネクト
  • FUJITSU
  • OCN
  • So-net
  • WIRELESS GATE
  • Boingo Wireless, Inc.
  • Fiberlink Communications Corp.
  • iPass inc.

※株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスの名称も記載されていますが、新幹線内では使用できないようです。

詳細はこちら

UQコミュニケーションズ

UQのWiMAXを利用している方向けのサービスです。

UQ Flatツープラスのオプションとして 無料で利用可能です。

詳細はこちら

NTT東日本

サイトには記載があるもの、平成28年4月28日以降は新規のお申込受付を終了しています。

NTT西日本

以下のフレッツ利用者向けのサービスです。

  • フレッツ 光ネクスト
  • フレッツ 光ライト
  • フレッツ・光プレミアム
  • Bフレッツ
  • フレッツ・ADSL
  • フレッツ・ISDN

1IDあたり200円で使用可能となるので、フレッツ利用者にとっては非常に魅力的なサービスですね。

まとめ

現在の自身の利用状況によってベストは選択が変わってきます。

カモトラはdocomo Wi-Fi一択です。

docomoユーザであれば無料もしくは200円/月ですし、docomoユーザで以外あれば、新幹線を毎日利用するわけではありませんので、必要な期間だけ利用できるdocomo Wi-Fi for Visitorで事足りるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする