長野市に行ったなら、そば屋の「かんだた」がオススメです!

スキーで長野に行ってきました。

長野(信州)といえば「信州そば」。

ということで、長野市にある、そば屋の「かんだた」に行ってきました。

提灯が目印です。

提灯のそばにメニューがありました。こちらです。

こちらが玄関前。

カモトラは二階の座敷に通されました。

天井には「くも」の飾り物が!

かんだたさん、芥川龍之介著書の「蜘蛛の糸」から店名の「かんだた」を名付けたそうです。そういう理由から蜘蛛が飾られているのかな?

さてさて、こちらがかんだたのお箸。

注文したおそばが到着。

こちらは、にぎわいセットのおそば。

麺がうまい!!!

そしてこちらがセットの付け合わせ。

続いて、鴨ネギそば

鴨肉がうまいです!

そして、その肉の味が汁に染みわたっており、「温かいそばの上に鴨肉とネギをのせた」だけの鴨ネギそばとは比べ物にならないほどウマイです。

最後に、釜ゆでにしんそば。

この「にしん」。味が濃厚で、ご飯の上にのせるとご飯が進みそうな味です。

今回も感じましだが、そば自体よ味を楽しむなら、「釜茹で」より「手打ち」がオススメです。

かんだたさんの場合でも、そば自体は手打ちのほうが美味しかったです。

今回は注文しませんでしたが、「鴨汁せいろ」というものもあります。

メニューには以下の通り説明があります。

冷たいせいろそばを、鴨肉を刻んでつくった暖かい汁につけていただきます。

次回はこちらを注文してみようかと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする