ウォール街の「ウォール」って何?

ニューヨークにあるウォール街。

金融のメッカとしてしられていますが、その名前の由来をご存知でしょうか?

1652年、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)の植民地ニューアムステルダム(現在のニューヨーク)を管轄していたオランダ西インド会社が、インディアンや、ニューイングランドに入植したイギリス人からの攻撃に備えて、木材などを利用して築いた防護壁(wall)に由来する。

引用元:wiki

このwikiにある通り、防護壁の名前が今でも使われているということです。

ちなみに、その防護壁自体は実戦で使われることなく、1699年に解体されたようです。

そんな昔の名残が残っているわけですね。

過去を知ることで、今を知ることができました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする