妖怪ウォッチとゲゲゲの鬼太郎が映画でコラボレーション!

妖怪ウォッチが、映画「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」でゲゲゲの鬼太郎とコラボレーションしています!

ポスターの右上にもしっかり掲載されていますね!

そして、今回の鬼太郎の声優さんは、なんと野沢雅子さんです!

Wikiを調べたところ、鬼太郎の声優さんは、1968年、1971年にアニメが放映されていたタイミングでは野沢雅子さんだったようです。

1985年~、1996年~、2007年~とその後もアニメ放送がありましたが、鬼太郎の声優さんは他の方に変わっていました

参照元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ゲゲゲの鬼太郎_(アニメ)

野沢雅子さんといえば、ドラゴンボールの孫悟空の声優として有名です。

1970年頃といえば、今のおじいちゃん・おばあちゃんがまだ子供だった時期ですから、今回の野沢雅子さん起用は、孫と妖怪ウォッチを観に行くおじいちゃん・おばあちゃんを考えての配慮だったのかもしれません。

余談ですが、鬼太郎は目玉おやじのことを「父さん」と呼びますが、その声は、孫悟空のことを「父さん」と呼ぶ孫悟飯の声そのものでした。

なんだか不思議な感じでしたね。

本作のストーリーですが、これまでの妖怪ウォッチとは異なるオリジナルストーリーになっていて、舞台も30年後の世界となっています。

そういう点では、妖怪ウォッチを初めてみるおじいちゃん・おばあちゃんもその世界観を楽しむことができるのではないかと思います。

以前からの妖怪ウォッチファンにとっては、ジバニャンやコマさんが可愛くないのが痛いところではありますが。。

作品の中では「心の闇」の話とかでてきますし、感動の話も、大人がうるっとくる感じでしたから、総じて大人が観ても楽しめる映画になっていると感じました。

エンディングロールの後には、次回作への布石もありました。

今回は鬼王羅刹(らせつ)がボスとして登場しましたが、次回作では鬼王を裏から操っていたと思われる「酒呑童子」が登場しそうです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする