Excelでテキストファイルウィザードか表示されない

Excel2016を使っていて気付きました。

テキストファイルウィザードが出ないなーと。

実は、テキストファイルウィザードではなく、「区切り位置指定ウィザード」になっています。

どのように使えば良いか説明します!

  1. まずはテキスト等から必用なデータを張り付けます。この状態では、セル内部にベタ書きされている状態です。
  2. 続けて、区切り文字を変更したいセルを選択します。
  3. 画面上部の「データ」タブをクリックし、「区切り位置」をクリックします。
  4. 「区切り位置指定ウィザード」が表示されます。
  5. 画面の表示にしたがって、区切り文字を選択していきます。

区切り位置指定ウィザードは、テキストファイルウィザードと同じような内容になっています。

ここまでくれば、あとはこれまで通りのテキストファイルウィザードのやり方で対応できるはずです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする