curlコマンドの「-Ss」オプションって何かご存知ですか?

オプションが非常に多くて覚えきれないcurlコマンド。

「-Ss」の組み合わせで使用することが多いオプション、どういった内容かご存知ですか?

manによると「大文字のSを小文字のsと一緒に使用すると、失敗した際にエラーを表示する」ということです。

-S, –show-error

When used with -s, –silent, it makes curl show an error message if it fails.

-s, –silent

Silent or quiet mode. Don’t show progress meter or error messages. Makes Curl mute. It will still output the data you ask for, potentially even to the terminal/stdout unless you redirect it.

Use -S, –show-error in addition to this option to disable progress meter but still show error messages.

See also -v, –verbose and –stderr.

引用元:curl.1 the man page

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする