VSCodeでgitの認証が失敗する場合には「資格情報マネージャー」の設定を確認してみましょう

VSCodeでgitの認証が失敗する場合の対処方法です。

正しい認証情報を設定もしくは入力しているにもかかわらず認証が通らないばあい、windowsに記憶されている認証情報を使って、認証処理をされている可能性があります。

資格情報に登録されている情報を確認してみましょう。

以下のように進みます。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 資格情報マネージャーをクリック
  3. Windows資格情報をクリック

該当箇所の▼マークをクリックしてみましょう。

ユーザ名・パスワードなどを編集もしくは削除できるようになります。

ここに正しいユーザ名・パスワードをいれて、gitが通るか試してみてください。

それでもうまくいかない場合は、削除を試してみるとうまくいくかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする