2016年版 面白くておすすめな映画ランキング10


2016年版 面白くておすすめな映画ランキング10

実は映画好きなカモトラです。毎週末TSUTAYAで大量にDVDをレンタルしています。

今回はおすすめ2016年10月現在、カモトラの独断と偏見による面白くておすすめできる映画ランキング10をまとめました。全てTSUTAYAでレンタルできる作品です。

何を見ようか迷っている方は、参考にしていただけると幸いです。

第10位 ピッチ・パーフェクト

公開:2012年(アメリカ)

監督:ジェイソン・ムーア

原作:ミッキー・ラプキン「Pitch Perfect: The Quest for Collegiate A Cappella Glory」

主演:アナ・ケンドリック

上映時間:112分

ミュージカルコメディ映画。

音楽プロデューサーになることを夢見るベッカが、自称「ファット(ふとっちょ)」と名乗るエイミーら個性が強い部員と出会い、アカペラの全国大会を目指す物語。

男性アカペラグループの「トラブルメーカーズ」といい、本当個性強いキャラクターが多い映画です。

この映画の見所は何といってもミュージカルシーンですね。大音量で聞きたいですね!

第9位 ワイルド・スピード MEGA MAX

公開:2011年(アメリカ)

監督:ジャスティン・リン

主演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー

上映時間:130分

「ワイルド・スピード」シリーズの5作目。

ドミニク、ブライアンを中心に展開されていく物語。

本作品から登場する警官役のホブス。マッチョ具合がヤバイです。「ドミニク、こんなの相手に勝てるのかよ…」と思いながら観ていました。

やはり本作品の見所はクルマ、車。車好きにはたまりません。そして、タイトルどおりワイルドなんですよ。カッコいいです。ちなみに「ワイルド・スピード」というのは邦題で、「Fast Five」が原題です。

東京が舞台となったワイルド・スピード3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」。そちらに出てくるハンが登場する作品でもあります。1作目から順に見ている人であれば「あれ??」っと思ってしまうかもしれませんが、時系列としては3作目は5作目よりも後の時間設定のようです。

第8位 カラスの親指

公開:2012年(日本)

監督:伊藤匡史

原作:道尾秀介

主演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ、能年玲奈

上映時間:160分

詐欺師のタケと相棒のテツを中心にした物語。

詐欺師が主人公の映画というだけあって、ストーリー自体も仕組まれていましたね。ドキドキする場面もありますが、それもなの!?という感じです(詳しくは観て下さい)

ちなみに、石原さとみファンですが見終わるまで石原さとみが出演していることに気付きませんでした。メインキャラクターの一人、「誰が演じているのかな」とは思っていましたが、まさか石原さとみだったとは。

第7位 鍵泥棒のメソッド

公開:2012年(日本)

監督:内田けんじ

主演:堺雅人、香川照之、広末涼子

上映時間:128分

主人公は売れない役者の桜井35歳。失った殺し屋コンドウと人生を入れ替えていく物語。コメディといっていいのだろうか。

殺し屋と人生入れ替えるなんて…。ばれちゃうんじゃないとドキドキしながら楽しめる作品です。

第6位 パイレーツ・ロック

公開:2009年(イギリス・ドイツ)

監督:リチャード・カーティス

主演:フィリップ・シーモア・ホフマン、トム・スターリッジ

上映時間:131分

物語の舞台は1960年代。イギリスに民放ラジオが存在せず、ポピュラーミュージックの放送が制限されていた時代のお話。ロック音楽を流して人気を集めていた「海賊ラジオ局」を中心としたお話。

インパクトありますね。

第5位 ズートピア

公開:2016年(アメリカ)

監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ

主演:ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン

上映時間:108分

ディズニー映画。

肉食動物と草食動物が共存する「ズートピア」を舞台に、ウサギの警察官とキツネの詐欺師が中心に展開されるお話。

やはりディズニー映画だけあって面白いです。子供だけでなく、大人も楽しめますね。

第4位 最後のマイ・ウェイ

公開:2012年(フランス)

監督:フローラン・エミリオ・シリ

主演:ジェレミー・レニエ、ブノワ・マジメル

上映時間:149分

フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」を作ったクロード・フランソワ。女好きで、嫉妬深く、神経質、そして傲慢なクロード・フランソワ。そんな彼の生涯を描いた作品。

見所は音楽シーン。

最後のミュージックシーンは心揺さぶられます!

第3位 ドリームガールズ

公開:2006年(アメリカ)

監督:ビル・コンドン

原作:ミュージカル「トニー・アイン」

主演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン

上映時間:131分

黒人女性グループ「スプリームス」のメンバーの一人メアリー・ウィルソンの自伝がベストセラーになり、ミュージカルになったものを映画化した作品。

ミュージカルを映画化しただけあって見所は音楽シーンです。突然歌いだすのにはびっくりしましたが、みんな歌唱力が凄いんです。ビヨンセはわかりますが、ジェイミー・フォックスも歌がうまいなんて知らなかった!

本当、最高です。

カモトラはドリームガールズ オリジナルサウンドトラックを購入してしまうほど、ドリームガールズの歌にはまりました。

第2位 ショーシャンクの空に

公開:1994年(アメリカ)

監督:フランク・ダラボン

原作:スティーヴン・キング 「刑務所のリタ・ヘイワース」

主演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン

上映時間:143分

冤罪によって投獄された銀行員が腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

はじめた観たのは高校生のころだったと記憶していますが、パッケージにもなっているシーンでは心晴れやかな気分になりますね。ちょうど受験だったこともあり合格とそのシーンを重ねて考えていました。この先に希望が待っているという感じですね。

第1位 きっと、うまくいく

公開:2009年(インド)

監督:ラージクマール・ヒラーニ

原作:Chetan Bhagat「Five Point Someone」(英語版)

主演:アーミル・カーン

上映時間:171分

インドの工科大学の寮を舞台にしたコメディ。物語の詳細な説明は省きます。観て損はありません。

かくいうカモトラですが、観る前はインドの映画だということで全く期待していませんでした。

観てみると仰天しました。3時間近くの長編ですが、爆笑&感動等々、盛り沢山であっという間に時間が過ぎてしまいます。

長年「ショーシャンクの空に」がマイベスト映画と言ってきましたが、今は「きっと、うまくいく」がマイベスト映画です。

最高の映画です。

All izz well.

まとめ

こうやってまとめてみると音楽シーンが多い映画が多いですね。

あくまでもカモトラ自身の独断と偏見によるランキングなので、その点ご理解いただいて楽しんでもらえると幸いです。

このランキングに入っていないオススメの映画があれば是非教えて下さい!

スポンサーリンク
ad-1
ad-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする