「起業の天才」を読んでみました。

「リクルートをつくった男」「ジェフ・ベゾスはこのヤバい日本人の部下だった」という表紙の内容にひかれ読んでみました。

 

 

割とページ数はあるのですが、面白くて一気に読めてしまう内容でした。

「竜馬がゆく」を読んでいるときのような、続きが気になってしまい、どんどん読み進めていくイメージです。

 

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました