腕立て伏せの注意点

生活

トレーナーの方に腕立て伏せの注意点を教えてもらいました。

 

腕立て伏せだけをやり続けると肩が体の内側に入り込んでしまうようです。

対策としては、僧帽筋など背中側の筋肉も同時に鍛えること。

 

今日から早速試してみます!

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました