話題の「バーフバリ 王の凱旋」、、、ちょっと残念だった

インド映画好きのカモトラです。

「バーフバリ 伝説誕生」の続編、「バーフバリ 王の凱旋」を観ました!

「バーフバリ 伝説誕生」が衝撃的な事実で完結し、「バーフバリ 王の凱旋」に期待を寄せていたわけですが、結果的にちょっと物足りなさを感じました。

もちろん面白くなかったわけではありません。

167分の完全版ではなかったためか、最後の結末が端折り過ぎている感が否めませんでした。

早送りしてみている気分でした。

また、「伝説誕生」で少しお茶目な面をもった主人公(シヴドゥ、もしくはマヘンドラ・バーフバリ)でしたが、「王の凱旋」では全く別人です。たしかに、このバーフバリの過去編の話を聞いたら怒り心頭するのも頷けますが、最後までお茶目さが復活することなく、終わってしまいました。

また、「伝説誕生」で主人公シヴドゥと恋に落ちたアヴァンティカですが、「王の凱旋」ではちょい役です。主人公が王様だったということもあると思いますが、2人の関係に触れずに終わってしまうのか!というびっくりした次第です。

そして、育ててくれた母親はどうなったの??育ての親含め、その村の人々って「王の凱旋」ではエキストラ的な扱いだったんでしょうか。セリフあったのかな??

インド映画って「疑問点があまり残らない、言い換えれば伏線回収がうまい映画」だと個人的に思っていたので、ちょっと意外な感じです。若干往年のハリウッド映画を観た時の感覚ですね。

まだ完全版を観れていないので、完全版を観た時の楽しみにしておきます!きっと色々な疑問に答えてくれるはず!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする