/usrのusrってuser?

Linuxのディレクトリには「/usr」があります。

「複数のマシンで共有可能なファイル」を配置するディレクトリですね。

「ユーザー」と発音するが「user」のことではなく、「User Services and Routines」の略だと思っていました!!!

が、実は「USeR」だったようです。

ファイルシステムで二番目に主要なセクションなどとも言われる。「USeR」の略だが、「User Services and Routines の略」であるとするまことしやかな説が1980年代後半頃から広まっている

引用元:wiki

ちょっと衝撃を受けたカモトラでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする