日本一の長さを誇る106メートルの超高分子量ポリエチレン製すべり台がある「あつぎこどもの森公園」

日本一の長さを誇る106メートルの超高分子量ポリエチレン製すべり台がある「あつぎこどもの森公園」

あつぎこどもの森公園に行ってきました。

ここにはロングすべり台があり、2017年8月現在、超高分子量ポリエチレン製のすべり台の中で長さが日本一だそうです。

この公園の入り口付近から写真を沢山とってきたので、順番に紹介していきます。

こちらが入り口です。

無料ではいれます!

入り口を抜けてしばらく坂道をのぼります。すると、右手側に綺麗な建物が。

こちら、管理や展示を行っている

管理室の横にはこんなものもありました。

ちょっと色や様子が変わってしまっていますが、こちらに地層があるようです。

更に道沿いにあるいていきます。

以下は管理室を少し上から撮影した写真です。

少し割愛して、公園の山頂付近まできました。

「くぬぎの丘」の看板がありました。

立派です。

近くには、手作りの看板が。

このくぬぎの丘から見渡した景色です。遠くに見えるのは厚木市内でしょうか。

ここ、開けているからか、風が気持ちいです。

ベンチが複数ある点が嬉しいですね。くつろげる雰囲気になっています。

このくぬぎの丘のそばにあるのが「森のすべり台」です。

こちらがすべり台入口。

注意書きがあります。すべり台で使用できるマットというものがありますが、こちらのすべり台では不要です。

超高分子量ポリエチレン製のすべり台は、そういったマットを使用しなくても滑りやすくなっていますので。

すべり台の入り口から上を見上げて撮影した写真。

滑り始める箇所を下から撮影。

すべり出しとあとはしばらく直線が続きます。

すべり台のすべり口までは螺旋階段を登っていきます。

ここに見えるのがすべり口です。

すべり口に来てみました。結構急ですね。

あっという間にすべり終わりました。

こちら出口付近です。

出口部分を少し離れた場所から撮影しました。

このすべり台、寝っころがって滑ると結構なスピードがでます。左に曲がるカーブがありますが、カモトラはスピードが出過ぎて、そのカーブで体がすべり台からでちゃうんじゃないかと心配になりました。

とはいえ、このゴール付近以外は落ちないようになっているので安心です。

このすべり台、大人も子供も楽しめると思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする