javascriptのifでfalseになる値

javascriptのifでfalseと判定される値をご紹介します。

まずは、当たり前ですが、真偽値の「false」

続いて、数値の「0」。こちらもfalseになると知られているメジャーな値ですね。

更に続けて、文字列の「””」。空文字です。これもfalseです。

判断に迷うのが「undefined」「null」

なんとなくfalseのような気がしますよね。

そうです。これらもfalseになります。

今回紹介した5つがjavascriptでfalseになる値です。

覚えておきましょう!

javascriptの学習には以下の書籍がオススメです!

初心者はもちろん、しばらくjavascriptに触れていない中級者にもオススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする