【Linux】仮想NICについて

【Linux】仮想NICについて

GUIで仮想NICを追加すると、次のファイルができます。

  1. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bondX
  2. /etc/sysconfig/networking/device/ifcfg-bondX
  3. /etc/sysconfig/networking/profiles/default/ifcfg-bondX

※ifcfg-bondXとなっているものは、実際には「ifcfg-bond0」や「ifcfg-bond1」のようになります。

※ファイルの中身はすべて同じです。

CUIで設定する場合には、以下のファイルを作成します。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bondX

※ifcfg-bondXとなっているものは、実際には「ifcfg-bond0」や「ifcfg-bond1」のようになります。

これは、GUIで作成した時に作られた1のファイルですね。

CUIで作成する場合、GUIの時に作成された2,3については作成する必要はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする