初期化済みのLet’s note CF-SX3を中古で購入し、Windows Updateにかかる時間をはかってみた!

初期化済みのLet’s note CF-SX3を中古で購入し、Windows Updateにかかる時間をはかってみた!

Let’s note CF-SX1でのWindows Updateで、めちゃめちゃ時間がかかったことをお話しました。

コントロールパネルを開きます。

右上の欄の「表示方法」を「小さいアイコン」に変更します。

「Windows Update」をクリックします。

まずは「自動プログラムを有効にする」をクリックします。

更新プログラムの確認が始まりました。

まずは、Windows Update用のソフトウェアをインストールする必要があるようですので、ここでは「今すぐインストール」をクリックします。

インストール完了後は画面がクローズされてしまうので、再度コントロールパネルのWindows Updateを開きましよう。

ここでは「更新プログラムの確認」をクリックします。

確認中です。

166個の更新プログラムと10個のオプション更新プログラムです。

1.2GBほどの容量があるようです。

「更新プログラムのインストール」をクリックします。

開始時間は13時44分!(確認時間から開始したものとみなします)

同意を求める画面が表示されました。「同意します」にチェックを入れ、「完了」をクリックします。

更新に必要なプログラムをダウンロードしています。

3時間48分後の17時32分での状況です。

一部の更新プログラムのインストールに失敗しました。

ここでは「今すぐ再起動」をクリックします。

再起動後の状態です。

再度コントロールパネルのWindows Updateを開きます。

「更新プログラムのインストール」をクリックしましょう。

19時12分に更新が完了しました。

再度「今すぐ再起動」をクリックします。

再度コントロールパネルのWindows Updateを開きます。

「更新プログラムのインストール」をクリックします。

21時4分に更新が完了しました。

再度「今すぐ再起動」をクリックします。再起動の回数が多いですね。

再びコントロールパネルのWindows Updateを開きます。

「更新プログラムのインストール」をクリックします。

この後、何度か再起動&更新プログラムのインストールを繰り返しました。

そして、なんということでしょう。途中で寝落ちしてしまいました。

そして、画面キャプチャをし忘れてしまうという失態。。。

時間計測は途中で中止となりました。

おおむね12時間強程度の時間がかかったものと思われます。

Windows Updateをやるなら、何かの作業をしながら、ついでにやるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする