新サービス開発時で重要な教訓

LinkdeInの創業者であるリード・ホフマンの言葉です。

最初のバージョンが恥ずかしいものでなければ、それはリリースが遅すぎだ

サービスを作るときは100パーセントの完成度を求めて、ついつい時間を費やしてしまいます。

しかし、それでは時間がかかりすぎてしまうのも事実。そうならないよう、恥ずかしい状態でもリリースすることが大事だというこの教訓、心に留めておき、実践すべき重要な教訓ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする